あなたの生活を侵食するライフファックブログ

大人と子供の違いって何だろう?早く大人になりたかった私がたどり着いた答え。

どーも、一ノ瀬ほたるです。

いきなりですが『大人の子供の違い』って何だと思いますか?

視野の広さ?経済力?責任の違い?

そもそも何歳から大人なの?

ふと考えてみたんですが、大人と子供の境界線ってふわっとしてますよね。成人として認められる年齢は国によって違うし。

もやもやしたのでここ最近、この答えをずっと考えていました。その中でなんとなぁーく自分のなりの答えが見つかった(気がする)ので記事にしてみた次第です。

早く大人になりたいと思っていた子供時代

幼稚園の頃からでしょうか…私は『一刻も早く大人になりたい!』と強く願っていました。

大人になったら自分で働いて自分のお金で好きな物を買えるし、好きな物だって食べ放題。1人で遠くに出掛ける事だってできる。

そもそも、私は幼稚園から高校卒業まで1度も学校生活が楽しいと思った事がありませんでした。学校が恐怖そのものであり、許される事ならば行きたくありませんでした。

そんな恐怖から解放されて1日でも早く大人になりたかったんですよね。

当時の私は【大人=自由】だと思っていました。

大人は自由じゃなかった

理想と現実は違うものです。

学校という牢獄から抜け出してやっと自由を手に入れたと思いきや、汚い大人の世界が待っていました。

当たり前だけど、社会に出ると全て自分の責任です。

自分で選んだ会社で働き、与えられた賃金の中で生活していかなければいけません。

上手くいかなかったとしてもそれは自分の責任。『生きづらいのは世の中のせいだ。』と思っていた私の考えは甘々でした。

学生時代に散々苦手だった人間関係から解放されたと思いきやまた新しい人間関係を構築しなければいけません。しかも下っ端からのスタートなのです。

闇ほたる

人間ってハードモード過ぎない?

守られていた子供時代

子供の頃はなんだかんだ言いながらも、家族や学校から守られていました。親の働いたお金で学校に通い、何不自由無く生活させてもらいました。

でもこれは親元を離れて自分で働いてみて初めて分かりました。離れてみて分かる親のありがたみってやつですね。


そう考えると、やはり自分で生きていく力を持った人を大人と呼ぶのでしょうか?自分の行動に責任を取るのが大人なのでしょうか?

【結論】大人の子供の違いなんて『肉体』でしかない

日本では成人と呼ばれる20歳を越えていわゆる大人の仲間入りをして数年が経ち、分かった事があります。

ほたる

大人も子供もたいして変わらん。

社会に出てから早々、感情をすぐ態度に出す人、すぐ他人のせいにする人、責任を放棄する人、平気な顔で他人を陥れる人…自分が想像していた理想の大人像からかけ離れた人とたくさん出会いました。

もちろん、素敵な人もたくさんいます。

でも自分自身が世間一般に言われる『大人』になってみて、大人も子供もたいして変わらないという答えにたどり着きました。

精神的というよりは肉体的に大人になっていく、そして老いていくのが人間なのだと。

私自身も子供のまま

ぶっちゃけ私自身、肉体は大人になっても心は子供の頃と大差ありません(笑)

漫画が好きだし、アニメばっかり見るし、ガチャポンだってするし、休みの日はゲームをしたり、絵を描いたり、仮面ライダーのおもちゃだって買います。

でもこれは私に限ったことじゃなくて、きっと大人の誰しもが子供っぽい一面を持っているんじゃないかと思います。

子供の心を持ったカッコイイ大人に私はなりたい!

上手く言えないけど、大人も子供も大差ないなら、私はこのまま子供の頃のワクワクドキドキを忘れない大人でありたい。

それと同時に、子供たちから『大人ってカッコイイな、なんか楽しそうだな。』と思ってもらえる大人になりたいと思います。


最近、悲しいニュースが多いですね。

世の中にはたくさんの人がいます。自分の常識を相手に押し付けたり、しまいには暴力でねじ伏せる大人もいます。

理想論かもしれませんが、少しでも他人の痛みが分かる人間が増えて欲しい。そんな事を考えていた今日この頃であります。

ほたる

みんなでカッコイイ大人になろうぜ!