あなたの生活を侵食するライフファックブログ

ただいま

どーも。一ノ瀬ほたるです。

「突然何!?」と思う方がほとんどだと思いますが、まずこれだけ書かせて下さい。

お詫びの言葉

私は以前、約二年ほどゆるい雑記ブログを続けていました。

そしてある日、告知も無しに突然ブログを消しました。


ネットの世界は怖いものです。

安易な気持ちで誰かを傷付けてしまったり、不快な気持ちにさせてしまったり、色んなトラブルはつきもの。

それを承知でブログを始めましたが、私の唯一のポリシーである『人様に迷惑をかけない事』が守れなくなりそうな出来事があり、独断でブログを消す事に決めました。

ネット上での繋がりとはいえ、ブログを通して出会った大切な人達に怖い思いをさせたくなかったのです。

「非公開でも良かったのでは?」という意見もありましたが、この状況を作ったのは自分自身。完璧に自業自得です。ケジメと思い、SNS共々全てのアカウントを消しました。


誰にも相談はしませんでした。

自意識過剰に思われたらどうしようという気持ちもあったし、誰かに相談することによって自分で自分の逃げ道を作ってる気がしてずっと抱え込んでました。

以前のアカウントはもう復活する事はないし、馴染みのあった名前も使う事はもうありません。

以前、私に優しくして下さったみなさん。

私に寄稿依頼をして下さったみなさん。

私に関する記事を書いて下さったみなさん。

この場を借りて謝らせて下さい。
本当に申し訳ありませんでした。

もやもやの日々

ブログを辞めてからというもの、退屈でした。
元々死んだ魚の目をしていた私の目は更に光を失い、職場の人達からは「最近笑わなくなったね」と言われる始末(笑)

いやいや、元々ブログを書いてない生活を送っていたんだ。その生活に戻っただけじゃないか。

朝起きて仕事に行って自宅に帰って寝る。ただその繰り返し。当たり前の日常に戻っただけ…。そう思えれば良かったのですが……。

…….。

…….。

ダメでした\(^o^)/

おかしな事に毎日ブログを書きたい欲に駆られる。気が付けば交流のあった人達のブログを読んでしまう。嗚呼、私もブログが書きたい…!

しかし、それと同時に心の奥に住む黒い自分がこう告げるのです。

闇ほたる

あんたのブログに価値なんて無いよ

と。

そうです。私にはこれと言った『何か』がありません。

ずば抜けた文才があるわけでもなく、誰かの為になる記事が書けるわけでもなく、顔出しが出来るわけでもなく、かといって素敵なイラストや漫画が描けるわけでもなく、デザインセンスがあるわけでもなく、何かに特化した趣味や特技を持っているわけでもなく…

ただの男性向けエロゲが好きな根暗女。それだけ。

悲しい事にいくら自分を見つめ直しても他人より優れている部分が見つけられません。オワタ。

こんな自分にブログをやる意味なんてあるのか?と毎回自己嫌悪。勝手に消した挙句、またブログを始めたいなんて図々しいにも程があるんじゃないかって。

じゃあ、何の為にブログ書くの?

「なんで私はブログを書きたいんだろう?」

ここ数ヶ月ずっとその事ばかり考えていました。

誰かの役に立ちたいから?世の中に物申したいから?収益が欲しいから?有名になりたいから?

違う。

『自分の気持ちを文字に吐き出したいから』それだけの理由だったら独りで日記帳に日記でも書けば?って話。

でもそれじゃただの自己満足に過ぎないんです。

私は『誰かに認めて欲しいから』ブログを書きたいのです。かっこいい言葉で言うと承認欲求ってやつです。


私は幼い頃から今までの二十数年間、常に他人の目を気にして生きてきました。

皆から「お利口さんね」と言われたいがために家族の前でも常に良い子ちゃんを演じていました。学校では虐められない様に周りに意見を合わせ、見よう見まねで自分を取り繕いました。社会に出てからはなるべく中立の立場で当たり障りのない立ち位置を守りました。

気が付けば作り笑顔が剥がれなくなりました。

薄っぺらい笑顔、薄っぺらい人間関係。

そして何より中身が空っぽな自分に嫌気がさし、やがて人と会話した後には自分自身に憎悪を抱くようになりました。


「あれが欲しい」

「これが食べたい」

「ここに行きたい」

「あなたの事が好き」

気が付けば他人から嫌われるのが怖くて自分の素直な気持ちを伝える事が出来ない。言葉にする前に頭で余計な事ばかり考えてしまう挙句、口を閉ざしてしまう人間になってしまいました。

多少心を開けたとしても最終的には相手から「何考えてるか分からないよね。怖い」と言われてしまう始末。

次第に一緒に過ごした友達に対しても徐々に自ら距離を置くようになり、気が付けば誰とも会わなくなりました。同窓会にも成人式にも行かず、ふとした衝動で連絡先も全部消してしまいました。

心を開ける相手が居ない。甘える相手が居ない。

本当は悲しいはずなのに心の何処かで清々とした自分がいました。もう演じなくていいんだ。傷付くことに怯えなくて済むんだ…と。

当たり障りの無いように仕事をし、家に帰り眠る。朝になったら再び仕事に行く。その繰り返しをすればいい。なんて単純。なんてシンプル。なんて素晴らしい平穏な日々。

当たり前の日常をただひたすら繰り返せばいい。余計な事なんて考えなくていいのだと毎日自分に言い聞かせました。

なのに

なのに「本当の自分を誰かに理解して欲しい」

この気持ちがずっと心の片隅から消えてはくれませんでした。

そんな時、出会ったのがブログでした。

不思議な事に自分の気持ちを文字で表現する事は簡単でした。ブログを続けていくうちに少しずつ読者さんが増え、自分の書いた記事に共感してもらったり、意見をもらったり、寄稿依頼を頂いたりする事に喜びを感じました。

「こんな私でも思った事を表現していいんだ!」

生まれて初めて自分の存在を認めてもらえた気がしました。

ブログは楽しい。人の書いた記事を読むのも楽しい。ネットの世界での距離感がラク。ブログを始めたお陰で見た事の無い世界が広がっていく…!なんて素晴らしい!

自分の気持ちを文字にする事によって生きる事に前向きになれた気がしたんです。気のせいかもしれないけど。その時だけは自分らしく呼吸できた気がしたんです。

傍から見れば「ただの現実逃避じゃん」と思われるかもしれない。

他人から見れば私はただの悲劇のヒロインぶってる痛い女だって事くらい分かってます。

それでもいい。こんなクソみたいな世の中、必死で生き抜いてるんだから息抜きする場所があったっていいじゃないか。心のドス黒い何かを吐き出す場所があったっていいじゃないか。そうでもしなきゃ心が壊れてしまいそうだから。

私は現実と戦うために現実逃避をするのです。

だから私はブログを書きたいです。
書かせてください。


暗い話はここまでだ!!!

まぁ~とにかく何が言いたいかって言うと

ほたる

私は根暗な変態だけど、懲りずにまたブログ書くからよろしくな!

って感じっス!

どんなブログにしていきたいか

正直、私には他の人より特化した部分が無いのでこれといった強みという物がありません。自分の魅せ方も分かりません。

けれど文字を書く事が大好きです。

以前のブログでは自分の気持ちを吐き出すためにブログを書いてきたけど、今度は少しでも誰かの役に立つブログにしたいなと考えてます。

前は写真載せてたけど、今回はその代わりにイラストで個性を出せていければいいな。

ブログの可能性は無限大だっ!(と自分に言い聞かせるスタイル)

最後に

なんか自分でも何言ってるのかよく分からなくなっちゃったけど……前の私を知っている人も、初めましての人も温かい目で見守ってくれれば幸いであります。

あんまり自分からは絡みに行けないビビりですが、気軽に絡んでくれたら喜びますので仲良くして下さい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!これからもよろしくね。